« 少々休止 | トップページ | 戦績は5分 »

すくすくもたもた

春です。ハヂメです。

Redstone_11040302

気楽堂の転生陣もすくすくと成長しています。むしろハヂメが一番もたもたしてますね。
3転火力3人がそれなりに戦えるようになるまで、ついに1ヶ月を切ったかも。
今奮闘中の0転組に2転組も加わってくると、常時6~8人の超物理火力軍団になります。

贅沢は言えないので支援陣は必要最低限を維持していくとして、高Lv悪魔1・ソウル1が常時参加できるようになったら、各鯖の強豪相手にも健闘できる気がします。
最近人の動きも硬直化しているので、それがなかなか難しいとこだけど。

 

【神品製作チーム】

なかなか1人では資金的にも限界があるので、チーム(プロジェクト)で神品を製作していこうって動き、どこの鯖でもあるんじゃないかと思います。
でもこれ、慎重に進めないと待っているのは揉め事やチーム崩壊だけなので、ありとあらゆる事態を想定して、取り決めをちゃんとしておかないとダメですね。

色んな方法があると思うんですが、その1つとして、それなりに運用できそうな方法を書いておきます。

1)基本的なルール

  • プロジェクトのゴールは「取引可能なオリジナル品が1つ完成するまで」とします。
  • プロジェクトのゴールまでにかかった費用=経費をメンバー全員で公平負担します。
  • 幹事を決めて、経費をきっちり管理します。
  • 「取引可能なオリジナル品」の所有権は「成功した人にある」ことにします。
  • その代わり、成功者は最短で他のメンバーが複製可能な(取引可能な)状態にしなければなりません。(つまり最長でも2ヶ月)
  • よって、他のメンバーが得られるのは、「完成した神品を複製できる権利」だけです。
  • 「複製できる権利」に価値があることになるので、メンバー以外の人に複製をさせてはいけません。

ゴールを「全員が神品を手にするまで」とするのが、開始時の納得感は得やすいと思うんですが、かえってこのことがチーム崩壊を招く気もします。2~3人ならまだしもメンバーが多ければ多いほどいつ終わるかわかったものじゃないので、長期化する=長期化すればするほどトラブルは発生しやすい。既に神品を手に入れたメンバーは目的を果たしてモチベーションがなくなってしまう。
基本的に、お金の取立てが増えるほど揉め事は増えます。

完成したオリジナルの所有権や保管方法も、「メンバー全員の共有物」とか「幹事が保管する」ことにしてしまうとよろしくないです。ましてや「幹事に所有権がある」なんてのはもってのほか。(その人にそんな目論見はなくても)利己的に見られてしまいます。共有物にすると、最終的にその共有物をどうするのかが問題になりますね。
結局誰がどんなに苦労しようが成功しないと意味がない&誰もが成功者になり得る、という意味では最も公平なので、「成功者が一番偉い」方式がベストかなというところです。

2)途中脱退・途中参加

途中でメンバーが抜けたり、途中で参加したいという場合どうするか、これはあらかじめちゃんと考えておかないといけないです。

  • メンバーは幹事に申し出ていつでも脱退することができる。
  • 但し、その時点での負担は一切返金しない。(負債があれば清算する)
  • もちろん、「完成品」の複製権利も得られない
  • メンバー全員が了承すれば、途中参加も可能
  • 但し、その時点でかかった経費を自分を加えたメンバー数で割った金額を支払わなければならない
  • 負担額支払い時点で参加(スタート時は負債0で)

脱退については、残ったメンバーに損失がないように考えるのが大事。
途中参加のルールは、「完成後、メンバー全員と仲のいい人に複製させてあげたい場合」にも使えますね。初期メンバー4人で100億かかっていたら、追加メンバー1人を足した5で割って20億がコピー代ってことになります。初期メンバー4人には5億ずつ入ります。

3)幹事の役割

幹事は、何を何回トライして、誰がいくら負担しているかを管理していくわけですが、もう1つ大事な役割が調整です。

例えば、メンバー4人・現時点で80億使っているとして、1人あたりの負担額は20億ずつ。
毎回トライ毎に清算するというのもありなんですが、メンバーの1人がお金がない時期だったり、とりあえず自己負担でもさっさとトライしたかったり、プロジェクト稼動中はどうしても負債が生まれます。
実際持ち出ししている金額が、Aさんがそのうち35億(15億貸し)、Bさん8億(12億借り)、Cさん20億(貸し借りなし)、Dさん17億(3億借り)だったとします。Cさんは全く問題なしで、Dさんも許容範囲、AさんとBさんが不均等です。
ここでBさん以外がさらに自己負担でトライしてしまうと、Bさんの負債はさらに広がってすぐにはどうにかならない金額になります。
ここで、幹事が仕切ってBさんからAさんに8億渡すように調整したら、Aさん27億(7億貸し)、Bさん16億(4億借り)、Cさん20億(貸し借りなし)、Dさん17億(3億借り)になって落ち着きます。Bさんにお金がないようなら、これ以上負債が広がらないように一旦トライのストップをかけるのがよさそうです。

こんな感じで、誰かの貸し借りが大きくなりすぎないように調整していくと、リスクやトラブルの種を減らすことができます。
何か事故があっても諦めがつく範囲にするのがいいですね。せめて10億くらいでしょうか。

他にも、せっかく誰かが鏡を取れるのに、手持ちのお金がなくて取りにいけない、とか。トライできないのはプロジェクトにとって損失です。そんな場合は、負債が大きくならない範囲でみんなで資金出し合ってもいい。 

  • メンバーは独断で進めずに幹事と話し合いながら進める
  • 幹事は正確に管理して現状をタイムリーに公開していく

この2つが重要。
管理方法は、エクセルとかでやってもいいし、メンバーだけが閲覧できる掲示板を利用するのもいいですね。簡単ですが、例えばこんな表を作ります。

Redstone_1104100a

4)よくありそうな話

  1. 神品が完成して鏡をしてるんですが、10回もやってるのに成功しません。
    もういやなのでお金返してもらえますか。
    • 参加して得られるのは「完成した神品を複製できる権利」なので、返してもらえません。
  2. だったらせめて、その10回分の鏡費用、みんなで負担してくれませんか。
    • プロジェクト範囲は「取引可能なオリジナル品が1つ完成するまで」なので、完成後の鏡は自己負担です。なので負担できません。
  3. みんな同じお金払って頑張ってたのに、成功したDさんは一番最初に神品使えるし鏡もしなくていいし、納得いきません。
    • Dさんが成功しないと神品はできなかったのでしょうがないです。
      あなたが成功して得する可能性もあったわけなので、公平です。
  4. すぐにできるだろうと思って参加したら、いつまでたってもできないので脱退しようと思います。今までかかったお金、残るメンバーで返金してくれますよね。
    • 脱退は自由ですが、脱退までの負担は返金できません。
  5. じゃあ、既に使った分はしょうがないけど、負債の10億は払わなくていいですよね。
    • 脱退時に清算しないといけません。
  6. 途中でEさんが参加してきてすぐ完成したんだけど、Eさんずるくないっすか。
    • Eさんは参加時にその時点でかかった経費をメンバー数で割った額を払ってるのでずるくないです。運がいいだけです。
  7. 完成品を鏡貸しで稼いでいいですか
    • ダメです。メンバー以外に複製させちゃいけません。
  8. 鏡貸しで稼ぐのはあきらめました。でもとても仲のいい友達にタダで鏡させてあげようと思います。これならいいですよね。
    • ダメです。「完成した神品を複製できる権利」に価値があるので、メンバー以外に複製させちゃいけません。
    • メンバーと相談して、経費負担してもらった上で鏡させてあげるのはありかもしれません。
  9. Bさんはメンバーになるとは言ったものの、一度もトライしないし資金も出してないので、負債が30億になってます。どうしましょう。
    • (そうなる前に手を打つのがいいんだけど)幹事と相談して、一度負債を10億切るくらいまで減らしてもらいましょう。
 

実際のところは、いくら細かな取り決めをしても、負債やオリジナル品を抱えたまま音信不通になったりとか、あるいはオペミスで素材を破壊してしまったとか、考えられるトラブルはいっぱいあるので、それを乗り越えられる信頼関係がある仲間とやるのが一番ですね。
割り切りも必要かも。



|

« 少々休止 | トップページ | 戦績は5分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少々休止 | トップページ | 戦績は5分 »