« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年9月

懲りない期待

ハヂメです。

11月のアップデートに乗るのかどうかはまだわからない&日本版でそのままかどうかもわかりませんが、ここにきてNxUの情報が色々出回ってます。

これも含めて自分的に期待したいことがいくつか。特にはG戦部分。

  1. (範囲)魔法職強化
  2. テイマーのG戦復帰
  3. 必要抵抗値・抵抗種類の増加→ビルドの多彩化

魔法職強化について。
気楽堂には範囲魔法職がいないのでこうなったら苦戦を強いられることは間違いないんですが、あとシーフ的には分身がさらさら溶けていくので相手に範囲魔法職が増えれば増えるだけ弱化にも繋がるんですが、それでも自分は範囲魔法職が大好きです。

一言で言うと、範囲魔法職がいるG戦にはドラマがあります。
1万点差でもうダメだって時に切り崩し→立て直し中に大量得点が望めたりとか。各個撃破が基本な物理職ではなかなかこうはいかない。

あと、それを強化して対抗するBISの役割も大きくなりますね。今はほんと守護神的な位置付けは薄くなってしまった。
回復役はWIZに奪われ、アーチを入れたらスキルLv安定しないからと怒られ、ミラーをしても相手に範囲魔法職がいない。エレを付けても味方に範囲魔法職がいない。スイッチ対策で支援いりませんと言われた日には何をしていいのかわかりません。
支援をする時以外は天使姿で走り回ってるなんて人は多いんじゃないでしょうか。
誤解なきように、ニケ天使を否定しているわけじゃなくて、それはそれでアリなんですけど、それしか正解がないという方向性はつまらない。

魔法クリティカルとかって謎のOPの効果や、カンスト上限が上がって範囲魔法職の人口が増えることに期待したいところ。
いつぞやのDTのクールタイム付加がただでさえ衰退傾向だったものに追い討ちかけた感じになってしまいました。ここも考慮されるといいですね。
範囲魔法とは違いますが。どうもNxUにはWIZのファイアボールの個数が増えるなんてのがあるらしいんですけど、ちんたら火玉打ち上げてるのとか、キャンセルされるなんてのもなくしてもらって、3フレ12玉とかやってもらったらいいです。いい加減WIZ陣もアスヒ祭りは飽き飽きでしょう。

テイマーの件。
NxUには、ペット/召還獣系のOPがたくさんあるようです。
これ駆使して、今は誰もが諦めてしまったテイマーのG戦参加もできるようになったらいいな。これについては特段テイマーが好きなわけじゃないんですが、G戦に一切出られない(=楽しめないコンテンツがある)職って有り得ないですよね。
しかし、テイマーについてはMobが絡むこともあって、開発の考慮不足でトンデモ状態に陥る可能性も…。そのへんちゃんと潰してくれるのかはとっても不安。

必要抵抗値や種類が増えることについて。
せっかく整えたのにもーうんざりってなる人もいるかもしれないですね。NxUだと魔法クリティカル抵抗とかいう謎のものや、クリティカル抵抗率削減というのがあるから必要な致命打抵抗数値が増える可能性、もしかするとシーフがいらない子になっちゃうかもしれない人間型追加ダメージ抵抗なんてのもあります。

多分そうはならないんでしょうけど、範囲魔法職への対抗も含めて、オプションを相当数裂かないとあらゆることに抵抗できない、なんて状態まで持っていけたら、意外と面白いことになると思うんです。
抵抗完備を目指していく人と、ある程度取捨選択して特化していく人に分かれていくイメージ。

  • 抵抗完備で弱点はないけどステそこそこで火力的には劣るビルド
  • 魔法には滅法弱いけどT比率指積んで火力特化なビルド
  • 比較的バランス型だけど、致命打が弱点なビルド
  • 人間型にだけ異様に対抗した(シーフとしたらとてもがっかりな)ビルド


比率指やRS指についてはいろいろと物議があるところで、今T比率指が出回っている鯖は、かなりの苦労で製作したんだと思うので、それを無視するわけにはいかないです。
しかし、このまま鯖間の格差がいつまでも続くわけにもいかないです。

黄鯖では、夏ロトで期待されてた力比率指がまだお目見えしていないので、そこは諦めムードになっていて、多少出回っている運比率指の強化を進めていく方向にあります。
多分、W化やT化が進んで年末くらいまでには出回り始めるんじゃないかなという予測です。最初は偏りがあるかもしれないけど、ある程度身近になるまでそう時間はかからないでしょう。他にも同じような鯖があるようです。

で、ここが懸案なんですけど、これが進んでいくと何が起こるかというと、力比率と違って運比率の場合、3OP差が決定的な分かれ目になるんですね。T比率指でいうとたかだか1個分。その程度の差で物理攻撃がかなり当たりにくい状況が生まれます。
既にT力比率を所持している人は、力は比率に任せてステは敏捷や運に振った回避系に走っている人も見受けられますが、それを軽く凌駕するものになります。

黄鯖の逆襲がこれから始まる、なんて言いたいわけじゃなくて、こうなってくると黄鯖の連中とやるのは面白くないなーとなるわけでして、特に対戦枠が豊富なアリーナでは、村八部が進みやすいかもしれない。なんというか、対戦相手が決まらなかったり、歓迎されていない対戦をするほどつらいものはないです。

こういう状況を避ける意味でも、魔法職がクローズアップされてきたり、比率指を捨ててまで抵抗指を装備しなければならない状況が少しでも発生してくれるといいと思ってます。先行鯖では7個T比率指を装備可能なところまで持っていっている人もいるようで、21OP分=Lv800ならステ8400分。相当な苦労の結果だと思いますが、さすがにやりすぎ感満載です。せめて3個くらいは自然な成り行きで削れないかというところ。


長々と書いてみましたが、このとおりになるなんてまさか思ってはいないし、実際には全く期待をしていないです。かなりの波乱のスタートとなって、落ち着くまでに数ヶ月かかる、といういつもの感じじゃないかと。
いやでも1こくらいいい方向になってくれないかな、と、やっぱり期待をしているんだな。懲りないな。



【おまけ】

鹿児島上陸
Redstone_11082800

GDB9では「k」以外の言葉は不要、な図
Redstone_11092501

| | コメント (4)

効率非効率

ハヂメです。

Lv上げは相変わらずのっそりですが、G戦装備の変化点が1つだけ。

Redstone_11092400

分身6体になりました。
ステとかはそのまま。あ、あと、細かなところではペットを光神霊×闇精霊スタイルに。なにげに闇精霊を使うのは初めて。

多少耐久は上がった気がしますが、1戦1死のノルマは相変わらず皆勤ペース。

かけら出しもちょっとさぼったりしてましたが、ここ2週は間に合わせられるようになってきました。1キャラメインクエやってないのがいるので、なるべく効率的に進められる方法を検討中。
とにかくクエほど嫌いなものはないので、嫌いなものや作業はとことん効率的に、好きなものや交流は非効率的に。それがよさそう。


とうとうGDでかけらが出なくなってしまって、収入源も大問題。
かけらを出すためだけに狩りするとかはやっぱりつまらなくて、なるべく時間かけずに終わらせるか、それとも楽しみながら副産物として考えるか、難しいところです。
 

| | コメント (0)

久々の更新

深夜というか、明け方というか。そんな時間の更新です。

ばんそうこうです。

今はBISとWIZをいじくっています。

さて、そんな昨今、WIZのほうは念願の1秒杖で3フレに到達しました。

とはいっても装備バッジというドーピングをしての話ですし、このために色々と

犠牲にしている部分があるので、今後はそれをどう補おうか。

装備バッジはレベル上がればしなくて済む話ですが、ステについては

新たに2つほど装備を改良しないといけません。うーん。

WIZは気の向くまま装備いじくってみたりやりたい放題です。

あ、それはWIZというより私の人生そのものですね^^;;

一度の人生、やったもん勝ちですよ!!!

論点がずれてしまいましたが、そんな感じで今日も元気に生きてます。

石・G補正なし、ヘイ44%込み

01

------------------------------------------

[おまけ]

02

卑猥wwwwww

※ちなみに、フォーリンのポタ出しの事です

------------------------------------------

| | コメント (0)

片っ端

ハヂメです。

スタダ組からかなり遅れてですが、ようやくLv800になりました。

Redstone_11090700

オアシス深層部ですが、最近はPTもできてなくてひとり寂しく狩ることもしばしば。おおよそ自力で回避45%稼げれば、霧なくても一応サバイバルでソロできます。ギルドスキル・石像で7~8%あると思うので@37~38%くらい。
と思ってたら物理被弾したり。実用レベルではあると思うけど全回避にはもう1~2%必要なのかも。なかなか大変なので、外掛け支援もらうほうが楽ちん。


まだ怪しげですが、ようやくアリーナがまともになった様子。
色々根拠もありそうななさそうな対応策を片っ端から試して、それでも何人か落ちちゃって、G戦開始でバタバタしている中で本鯖に帰っていく仲間を見送るのはとても切ないものでした。

色々と不満や先行き不安な材料はあるけど、とりあえずそれがなくなっただけでよしとしよう。

 

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »