« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

青天井

ハヂメです。

初夏のアップデート。

やっぱり大きかったのはJobスロット追加ですよね。気楽堂でも新キャラ育成ブーム到来!誰が誰だか未だにわかりません。自分も少し落ち着いたら光奏師でも育ててみようかなと思ったり思わなかったり。できればJobスロットと一緒にギルドメンバー枠も増やして欲しかった。中の人の人数とギルドでの活動時間が何より重要です。なるべく無理せず活気を維持していきたいところ。

鯖合併が比較的大きなトラブルもなく行われたのはよかったです。もっととんでもないことになるんじゃないかと思ってました。第一弾ということらしいですが、黄鯖は最も人口の多い鯖の1つですから、暫くはなさそうかな。


最近のG戦でよく感じるのは、カンストをはじめとした天井(上限)設定がいかに重要かってことですね。
通常MAPではダメのカンストは設定されているのに、G戦MAPでは設定なし(不具合は別として)。移動速度も青天井。ソウルは新職とはいえJob設計が一番なっていなくて、真空や○斬り系をはじめ青天井尽くし。烈火もえげつないスキルとしてよく話題になりますが、スキル的には成功率と持続秒数がバータになっていてまだよくできてます。
青天井を活用することがトレンドで勝敗の大きな分かれ目。

これは現状の仕様であるので、それを否定するものではありません。
むしろ最近対戦相手やギルドメンバーに最低限の配慮もできないバカがいたようで申し訳ない限り。でも、過渡期にしては長すぎる感はあるので、いい加減うんざりしているというのは理解できる。目には目を的に高速天使や高スキル霊術を配備していくしかないんですが、その先に何が待ってるんやろという気もする。


【鯖間大戦】

参加する鯖も増えて、一大イベントになってますね。
こういうお祭りごとは、あれこれ難しく考えずに勝手にしらけたりせずに、参加しといていいんじゃないかと思います。気楽堂は参加は各々自由にってことで、期間中のG戦をお休みすることになりました。と言いつつ自分は参加できなそう。


【アレの話題】

あまりしてこなかった指の話題。ちょっと最近気になっているので一部の人向けへ。
周知のとおり、黄鯖ではホロウベースの運指やRS指はかなり出回ってきていますが、力指については全く出回っていない/見たことすらない人が殆ど、という状況です。いつの間にか全鯖でも環境が悪い鯖の1つになってしまいました。

それを嘆く気持ちは物凄く判るのですが、その行き先が妬み嫉みになるのはとても不幸です。鯖間の環境差をどうにかする義務なんてプレイヤーにはないやんな。
自分にもチーム製作や信頼関係の縛りで(市場に出てる出てないは関係なく)門外不出の装備というのは存在します。また、前にも書きましたが装備製作は至極のコンテンツだと思っているので、めったやたらと装備が出回るのが面白さに繋がるとは全く考えてません。

環境バランスという意味では、RS指みたいにロトチケットの景品で出てくるのが一番自然かなと思っていたんですが、夏ロト見る限りこりゃまだ先ですね。
ただ、出てきたとしても、こんだけ味わい尽くされているビルドに労力と手間かけるのはとても退屈ではありますが。

 

| | コメント (0)

☆夏休み☆

  おはようございます!

夏休みを取りまして、テンションアゲてる~?侍です。

ここ数日、新島に波乗りに逝ってきました。

近くなので案外いつでも行けちゃうし的な感覚でいた事もあり、今回が初となります。

 

 

 

さて、今回ももれなくハイテンションな・・・

Cimg0130_2

N i i j i m a ! ! ! ! ! !

波ねぇぇぇっす!!

でも、せっかくの天気と久しぶりのサーヒンなので

モッコリ入水。

ロケーション最高です。

Cimg0128_3

こんな感じの白い絶壁を沖から眺めながら

綺麗な海でノンビリ波待ち。

波のサイズは無くても最高の時間です♪

 

 

たった3日間でしたが、色んな事がありました。

泊まった宿に突如現れた迷子のオージーカップル。

予約したホテルが気に入らず、キャンセルしたはいいけど途方に暮れて海辺を歩いていたところを宿の人に連れて来られました 笑

しかし、このカップルに見事やられました。

1日目の夜、オージーの一気飲みコールと日本の一気飲みコールを教え合うという無駄にリスキーな異文化交流が始まりました。侍JAPAN5名vsオージーカップル。6周程した頃でしょうか。テレビをつけるとナ(メ)デシコJAPANvsオージーガールズの試合。ここでまた熱が上がり、グビグビグビグビ。一人は女子トイレの便座を抱えて撃沈。オイラもゲロゲロゲロゲローして撃沈。後は知らないけどとりあえず、翌朝全員撃沈。スーパーローテンション、YEAH!

 

それでも「波少し上がってきたよー」と言われれば、とりあえず海には向かいます。侍JAPAN5名の内、3名は車内で撃沈。自分も「クソ頭いてぇ・・・」と思いながらとりあえず入水も波待ちしてると頭痛は増すばかり、気持ち悪くなるばかり。入水後10分という最短記録で車に戻り、死んだ魚の目してお茶飲んでました。

 

侍JAPAN5名の内、自分以外はこの日の午後に飛行機で帰った為、夜はオージーカップルと自分の3人に。「今日は酒やめようぜぃ」と3人合致。

彼氏がボブ・マーレーの曲をアコギで弾きだし、ゆったりとした時間が流れていきます。

「あぁ~、シアワセな時間だなぁ~」と満喫していたところに、シャワーから何かを手にして戻ってきたオージー彼女(超美人、ワタシホレマシタ)。「U N O!!!」

 

 

超嫌な予感・・・

 

 

 

 

オージー彼氏も目が輝き始め、半強制的に始まった、スープスプーン(けっこうでかめ)にモッコリ盛られた練りワサビ一気食いを賭けた死闘wwwww

 

 

 

まぁ自分が負けて食べたわけですが・・・

のたうち回る姿をビデオに収めて大喜びのカップルでした。

キミタチの旅に不幸が起きろ!!!!!!!

 

  

腹いせに晒してやります。

 

 

Cimg0166

彼氏、日本の美しい国土にチ○チ○こすりつけてたぞwwwww

全裸BANZA-I!!!!

 

 

と、まあ他にも色々な事が起きた今回の旅でしたが、

濃厚であり、メローであり、いい思い出が沢山できました。

そんな、ばんそうこう侍、一夏の思い出日記でした。

あ、欠片出しやらなきゃ・・・

| | コメント (2)

オリジナル

ハヂメです。

鏡騒動は百姓衆の大勝利で幕を閉じ、ようやく落ち着いた感じでしょうか。
結果については悲喜交々(こもごも)といったところ。本来、3ヶ月くらいかけてゆっくり変化していくものが、捻じ曲がった形で一気に押し寄せてくるので、そりゃ大変です。

個人的にはずっと苦難の連続だったぽんぞー(adidas)が一気に進んだので、めげずに頑張ってよかったなぁとか、苦労はこうやって報われないといかんとです。一方でいくつもの悲劇を目の当たりにしたりとか。自分のことじゃなくてもなかなかのダメージ。

自分はというと可もなく不可もなく平凡そのもの。堅実路線のかいもあって、はあっさりと越えました。代償として貯蓄が何にもなくなりました。天井がかなり見え始めているので、どうしたものか。
漆黒城狩りのヴァンプ一撃狩りも、8割以上はいけるようになって、かなり狩りは快適なのでのんびりとはやれそう。つい先程1LvUP。

Redstone_12070500

今回の件で、鏡の威力を改めて、まざまざと見せ付けられたという感じも。やっぱり鏡回しているキャラ数がモノをいいますね。かけら出しロボにならない程度についていくつもりですが、あからさますぎる気もする。
NxUの扱いであったり、鏡の仕様変更の兆しであったり、開発・運営サイドもこの状況をどうにかしようという動きは少し見えるんだけど、なかなか難しい問題だと思います。
 
やっぱり、装備製作ってこのゲームでは(に限らず)ビッグコンテンツだと思うんですよね。安易で喜びの薄い複製ではなくて、労力もかかるけど喜びも大きい装備製作が、もっと活性化する仕掛けがあればいい。
例えばこんな、オリジナル製作物の保護システムでもあったらいいのかな。

  • 神秘鏡、抽出機、異次元の結果にて生成されたものをオリジナルとする
  • オリジナルは今までどおり、「取引不可解除:可能」「複製:可能」
  • オリジナルを複製したものを1次複製品とする
  • 1次複製品も、「取引不可解除:可能」「複製:可能」
  • 1次複製品を複製したものを2次複製品とする
  • 2次複製品は、「取引不可解除:不可」「複製:可能」
  • 2次複製品を複製したものも2次複製品。
  • 「1次複製品/2次複製品」も、神秘鏡、抽出機、異次元を行うことで「オリジナル」にすることができる
  • 実装時、今あるものはしょうがないので全部「オリジナル」にする

一見おんなじものでも、「オリジナル」「1次複製品」「2次複製品」の格付けがされる仕掛け。
例えば微妙な問題となりやすい鏡露店にしても、「1次複製品」の鏡露店は色々制約が発生するので、「オリジナル」の鏡露店には勝てません。
なおかつ、「2次複製品」は不必要になっても売ることすらできないので、発想としては寝かせておくくらいなら神秘鏡や抽出機に突っ込んで、バリエーション装備でも作ろうか、ということになるかなあ。

方法論は色々あるでしょうが、自然な形でなんとなーく変わっていくのがいいですね。劇的な変化は日本ではなかなか受け入れられないので。

 

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »