« うだうだ→ガツガツ | トップページ | 戦始めました »

ビクビク→フワフワ

ハヂメです。

鯖間大戦、満喫しました。
ざっと後半を振り返り。

水曜日のvs紫鯖戦。初参戦組を除いてPTをばらけてみました。PT組んでくれた皆さんありがとう!結果は周知のとおりワンサイド。紫鯖はかなり厳しい状況の中で、何とか少しでも楽しめる道を模索していた感じがしました。漢だったと思う。
鯖内の大戦だと、少しバランス見つつLvと人数さえ揃えればそれなりに均衡は保てたりするんですが、200人の枠はあるとはいえほとんどの鯖では満まで埋められていなかったし難しいものですね。

そして木曜日はvs水鯖戦。
戦績や動画から、かなり緊迫した対戦になるんじゃないかとわくてかしてました。で、PT編成も気楽堂のメンバーで組んで、全員スカイプを繋ぎつつ、最前線に乗り込んで知識陣の盾になろうってのと、相手の主力PTにがっつり当たってポイントゲッターを少しでも封じるというのをミッションにして臨みました。
実際に、予想以上に大混戦の名勝負になったと思う。正直、ごった煮の大戦ではジャカジャカ感がどうしても出てしまうので、ここまできちんとG戦ができるとは驚愕だった。

てなわけで珍しく時間をかけて解説付きでプレイバック。
自分はシーフなので、敵味方全体の布陣がほぼ見えます。右上のミニマップも併せて見ていくと面白いんじゃないかと思います。


【鯖間大戦 黄鯖vs水鯖(2012/8/2) レポート】

Redstone_1208020a
最初の攻防。
どっしりまとまった水鯖軍を左上、右、下から包囲する展開になってます。

Redstone_1208020b
少し判りにくいのですが、この右上に黄鯖知識陣の本体がいます。
まだ序盤で黄鯖軍は全PTが間に合っていないです。

Redstone_1208020c
戦場を右に移したところでようやく黄鯖軍全体が追いついて左右からぶつかるところ。ここで右取れたのは大きくて一気にリードを広げる形に。

Redstone_1208020d
攻防を制したところでやや横長に。水鯖軍は下に離脱して立て直しをかけています。

Redstone_1208020e
そこを上から追い込みに。

Redstone_1208020f
しかし、かなり戦場が広がってしまった感じ。ここでぶつかっている島田亜紀さん/トップ男さん、四間飛車くんさん/chopperさんらのPTを後半から徹底マークすることになります。

Redstone_1208020g_2
そのまま戦場を左の広いところに移しての攻防。

Redstone_1208020h
その後、細いところに入り込んで2箇所で攻防。この間にたんたん(1番:天使)が上方に移動してます。

Redstone_1208020i
ど真ん中にポーンと。さすがにこれは無謀だと焦っているところ。この周辺が次のセンターコート。

Redstone_1208020j_2
踏ん張りつつかなり押される。

Redstone_1208020l
ついに1度目の逆転をされて挟撃する形になります。が、橋を挟んでいてあまりいい形じゃない。

Redstone_1208020m
左下に引き込んで再逆転。

Redstone_1208020n
その後またも逆転され→再逆転。
このへんから島田さんのPTをマークしはじめた感じです。

Redstone_1208020o
橋を渡って坂の攻防でまたも逆転されます。ルヴィネシアさんもGチャで言ってましたが、範囲がやりにくい場所を選ばれるようになってきてますね。

Redstone_1208020p
坂を果敢に登って再逆転。ここまでで3往復のシーソー。最大の見所だった。

Redstone_1208020q
取りつ取られつながら僅かにリード維持して、またも橋を挟んでの睨み合い。
味方が凌いでくれてる隙を縫ってハープ使う時間取れたのは大きかった。元気いっぱいで突っ込んでいきます。

Redstone_1208020r
暫く左下の広いところでの攻防に。

Redstone_1208020s
10万超え先行は黄鯖軍。

Redstone_1208020t
橋→坂を使われ始めますが、まとまる前に戦場動かしていきます。

Redstone_1208020u
またも橋を挟んだ挟撃の体制。これは手前に引き込めているので悪くないです。

Redstone_1208020v
橋を渡って水鯖軍の本体は下にまとまった状況。果敢に突っ込んでみますが翻弄されて退却。【い】のつく単語さんの動きは最初から最後まで光ってました。

Redstone_1208020w
広いところでの攻防は制して下のくねくねへ。たんたんの漢気全開でど真ん中に落とされて内心ビクビクなPTメンツ。

Redstone_1208020x
黄鯖軍本体も追いついてくねくねは制圧しますが、細いところを挟んで嫌な陣形に。自分もやや死にかけてます。このあとも相手のポジション取りが上手で、少し押されます。

Redstone_1208020y
切り込んでいって力押しするも、

Redstone_1208020z
返り討ちに合います。

Redstone_1208021a
ちょっと落ち着こうってことで後方に下がってハープタイム。怒涛の追い上げくらってますがぐっと我慢。

Redstone_1208021b
戦線復帰~橋の手前での攻防に。

Redstone_1208021c
一気に橋を渡って
ぎりぎりリード保っていますが、この後けっこう長く5000点差前後の攻防が続きます。

Redstone_1208021d
均衡打ち破ってついに逆転されます。

Redstone_1208021e
すぐに再逆転するも、

Redstone_1208021f
またも逆転され、突き放されます。2回目のシーソーポイント。
ここ何か起きていたのかよく判ってないんですが、上の画像で右下にある赤い点のまとまりが、先ほどまで交戦していた相手の高火力2PTが立て直しを終えて戻ってきているところです。数で勝っていたのが裏目に出たというか、左の広いところで交戦している間、やたらとワームや檻にかかりまくっていた気がするので、水鯖妨害陣にうまいことやられたというところかもしれません。

Redstone_1208021g
その復帰してきた2PTを右側でやや局地的に迎え撃ちます。
ボスキャラのいちたかさんをあずささんが倒したところで逆転。

Redstone_1208021h
続く局地戦。
yuutaさんが単身加勢に来てくれてます。けっこうここしんどかったんですが、何とか乗り切ってる間に増援が来て、戦場はお馴染みの橋手前に。

Redstone_1208021i
突き放しに成功。
残り時間も少なくなって、ここが勝敗決した場面かもしれません。

Redstone_1208021j
最後はまた戦場を左の広いところに移して一進一退、おおよそ1万点差を守りきって終了です。最後おいしいのがばすちゃんらしいね・x・

これは自PT&自分視点なので、それぞれの視点や他の名場面なんかがたくさんありそうです。個人的にはシューティングゲーム化が阻止できたという意味で、一番貢献できたと感じたG戦でした。


最終の金曜日はvs陽鯖戦。陽鯖って略称すっかり定着しましたね。
これもなかなかの名勝負だったけど、正直フワフワしていてあまり戦況見られてませんでした。



最後に、今回の黄鯖幹事の砕龍さんとルヴィネシアさん、あと運営に携わってた皆さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。特にルヴィネシアさんは終始気を使ってばっかりで、大変だったんじゃないかと思います。何でもそうだけど、動かない人は動いた人に絶対に勝てないです。このこと判ってない人は人生苦労しっぱなしだわ。
休止明けから特に交流の幅も少なくなってきちゃってるので、せめてもうちょっと勧誘に貢献できたらよかったなー。


宴のあとというか、メンバー枠問題やら、金鯖やら、あれやこれやでギルド運営は1つ山場を迎えそう。
結局なるようにしかならんけど、少しは踏ん張らないといけんね。
 

|

« うだうだ→ガツガツ | トップページ | 戦始めました »

コメント

まとまった人数での参加
ありがとうございました

お疲れさまです

ノシ

投稿: ゴミ箱 | 2012年8月 5日 (日) 01時29分

水鯖との戦いは祭りPTにとって
非常~~に厳しい相手でして
自分も相当ボロボロになりました。
そんな中、コールで飛んでくる
味方物理PTが非常に頼もしかったです。
しかしこんなにアツいドラマがあったんですね・・・動画で見たかったw

大戦にご参加ありがとうございました。
おかげ様で自分も沢山の
いい思い出を作ることが出来ました。
おつかれさまでした~!

投稿: ルビ吉 | 2012年8月 5日 (日) 02時32分

>くだりゅーさん、
本当におつかれさまでした。最終日一緒に遊べなくて残念でした。

>さんたさん、
そうですねー。水鯖が一番お祭り要素が少ないというか、どこのPTもしっかりしてた感じがしました。
ガチ要素がないと熱帯びてこないし、狩り合いになっちゃうのも寂しいし難しいものですね。

投稿: ハヂメ | 2012年8月 6日 (月) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うだうだ→ガツガツ | トップページ | 戦始めました »