« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

とっとと

ハヂメです。

目下1.5倍期間中。間の悪い緊急メンテもあって最初はいろいろあったみたいですが、目が覚めたというかなんというか、平穏を取り戻しつつありますね。
2倍3倍ともなるとこうはいかないでしょうが、1.5倍というのは割といい頃合。いつもはできないPTができてのんびり楽しめるくらいがいいと思う。

さて、大型アップデート。

事前情報である程度わかってはいたもののやってみた。

Redstone_12112101

全く語る気になれない。
それなり装備に致命打が出てやっと人並みだったのに、微強化止まり。
物理光奏師は2ヶ月程度の暇つぶしにしかなりませんでした。

なら話は早いわけで、

Redstone_12112300

とっとと知識に乗り換えました。
多分そうなるだろうなと、実は知識光奏師用装備もちょこちょこ集めていたり。

覚醒タイプはルミナスモナーク+光のレガリア取得。多分これが王道と思います。
ルミナスモナークはパッシブでCP消耗を抑えるスキル(効率重視)があって、専用アクティブスキルがクリムゾン・アイ【改】、他2つのアクティブがバウンドライトとエクステンドビームという構成。

クリムゾン改も×3の多段になって大幅強化なんですが、何よりバウンドライトがやばい。

Redstone_12112303

4フレのドーピングなし。ラットのボス3匹が完ソロ約10秒で沈みます。
ダメの入り方は雨アチャとかDTに近いかも。もしくは範囲バインド。
範囲内に複数のMobがいないとバウンドできずしょっぽい単体攻撃になりますが、ボスのようなHPの高いMobが複数いる場合に、恐ろしい効率発揮します。GDのようなまとまってMobが沸く狩場でもいい。
ガンガン殴られるので命中補正無視がどっかにあるとよさそう。

エクステンドビームも光の命中・回避低下に加えて攻撃・移動速度低下効果があるので初段として割と使えるスキル。
光のレガリアも他の人への支援だけでなくて、ちゃんと自分にとって使えるスキルになりました。魔法致命打はちょっとまだ謎が多くて大きな期待は禁物。

1点だけ、自分の環境(Windows7/64bit)だけかもしれませんが、バウンドライト発動時に強制落ちが多発。だめもとで互換モードで動かしてみたところ、今のところ安定してます。
他にもいろいろあるようなので、Windows7な人は互換モードで動かしておくにこしたことはないかも。

知識光奏師が嫌だったところに、オプティカルホール(光奏師版メテオみたいなもの)連打がとても退屈というのがありました。
覚醒によって、オプティカル依存はなくなったといっていい。もちろん使えるスキルには変わりはないですが、取らなかったとしても全く問題ないです。むしろ、覚醒には大量のSPが必要なので、オプティカルを捨てる選択肢はアリです。


ちょっと悩んだんですが、

Redstone_12112201

BIS/天使のコンペも1.5倍に合わせて転生。
G戦に出るとしたら、トラップ指くらいは使いたいというくらいの動機。2転以上は今のところ考えてないです。

覚醒知識光奏師が強すぎて、ガンモのLvも上げたくなってしまっているのが困りもの。
でも、年末年始の暇つぶしには困らなそうです。

| | コメント (0)

引力

ハヂメです。

ようやく限界突破3がおわりました。

Redstone_12111102

ついでに久々のLvUP!
のせいで全く姿が写っていない/><

シーフで取っても微妙な気はするんですが、一応メインキャラということで。
最近金鯖っ子が一息ついてきたこともあって、またハヂメの狩りが楽しくなってきたので年内Lv870までいけるかもしれません。


【引き続き本鯖G戦枠の活用を考える】

絶望タイマンバトル」テスト対戦実施してきました。
身内向けにニコ生でも中継。

Redstone_1211100a

メンバーの手動承認が必要なクローズドコミュニティですが、数日は(もし)申請してもらえたら承認しようかと思います。多分探せば見つかります。

思いのほか完成度の高い遊びになっていた、というのが率直な感想です。30分があっという間だった。初めてのわりにはスムーズに対戦が続いて計26戦組めたんですが、もっともっとやりたい!という雰囲気だったように思います。

待ちPT制にする、というのはブリちゃん(ブリトー)のアイデアですが、これがすごくよかったですね。馴染みがあって、誰にでも理解しやすかった。
また、ロケハンの甲斐あってMAP/会場もばっちりだったと思います。境界線が曖昧なのが少し不安要素だったんですが、中央の柱には引力ありますね。中継は柱の後ろから固定で行ったんですが、ほぼ全容が捕らえられています。
勝ちにいくのか、はたまたできる限り削りにいくのか、によって動き方が変わってくるので、この判断が面白い。

少なくとも、ギルド交流のイベントとしてはかなりのクオリティ発揮しますので、イベント好きなギルドの方は、試してみて損しないと思います。月1回くらいの開催なら耐えれそう。
ということで、

気楽堂では、「絶望タイマンバトル」の対戦相手絶賛募集中!

です。
あんまり、G戦での強さとかは考えなくても大丈夫です。楽しめます。

Gvフットサルの方は、これに比べると完成度はまだまだで、もう少し練りたいところ。

| | コメント (0)

活用

ハヂメです。

今更感満載ですが、GBTの話題少しだけ。
黄鯖は準決勝(というか2戦目)で、今回優勝した橙鯖と当たって惜敗。
いろいろ残念な結果でした。

もちろん、負けたのも残念、優勝できなかったのも残念、ではあるんですが何よりも参加人数。黄鯖トップランカーといえるような人達も不参加が多くて、当初はメンバー枠に入りきらないかも、みたいな心配もあったんですが、杞憂だった様子。
大規模G戦を一番最初に始めたのは黄鯖だったと思うので、フロンティアとしてダントツの参加人数で臨みたかったところ。

黄鯖だけでなく、他鯖もうまくいってたとは言い難かったですね。上位ギルドが無関心装ってアリーナG戦入れてたり、お祭り要素を排除しようとしていたり。
ユーザ主導の鯖間大戦は、鯖間で横の繋がり持って全体としてどうしたら盛り上がるか考えていて、いい雰囲気に見えました。こういうお祭り事は、ユーザ主導には勝てないのかもしれない。

お礼だけ。ぽんloさん、副マス業お疲れ様でした&お互いトラブルの縁で一緒にPT組んでくれてありがとうでした! ブリちゃん(ブリトー)、色々配慮してくれてありがとう!ちょっと難しい立場で大変だったね。本当にお疲れ様でした!



【本鯖G戦枠の活用を考える】

黄鯖では各ギルドがアリーナ進出していて、本鯖G戦はどんどん過疎っている状況。どこの鯖でも進行の早い遅いはあれど、似た感じじゃないかと思います。

それに一抹の寂しさを感じたり、もっと盛り上げたいと思ってる人もいるみたいですが、個人的にはもう本鯖G戦はいいんじゃないかと思うんですよね。

  • アリーナ鯖は物資減らない=お金かからない
  • 対戦相手も圧倒的に多い
  • かといって枠にもまだまだ余裕がある
  • アリーナでも同鯖対決はできる
  • 余計な私怨が(まだ)入りにくい

正直いいことだらけで、本鯖G戦にこだわる理由が見当たりません。
少し前まではアリーナはある程度の強さがないと、ってとこがあったと思うんですが、アリーナ進出ギルドが増えて、そういう状況でもなくなってきました。単純に、いい対戦を組める相手が鯖内の5倍以上に増えます。どんどんアリーナに出て行ったらいい。

そうすると、本鯖G戦枠はスカスカになっていくばかりで、それはそれでもったいない!
何か面白く活用できないかなー、と最近仲間内の協力ももらって実験的な試みをしてまして、今のところ2つほど考えてみました。

1.Gvフットサル(5on5式Gv) (←概要・ルールはクリック)

サッカーでいうところのフットサルみたいに、少人数で気軽なG戦ができないかなというもの。
こちらは、GBT期間を使って気楽堂vs個々珍さんと何戦か試してみたんですが、ルール的には成立していて、ちゃんとG戦になります。決戦システムより1人多くて少し広い分、バリエーションが楽しめるイメージ。
一方で、通常G戦の麻薬的な面白さは出てこなかった気がしていて、おそらくガチ具合が足らんのだろうな、と。ギルド内で有志6~8人くらいでチーム組んで、ガチンコでぶつかったらきっと熱い!通常G戦では出てこない発想も生まれそう。
全戦力だと差が出てしまうギルド同士でも、5on5の精鋭対決であれば均衡が取りやすく、鯖内だけでも十分楽しめそうです。
ということで、

フットサルチーム「気楽堂ごんたーず」では、対戦相手絶賛募集中!

です。ルール見てちょっとやってみたいぞ!と思ったら耳もらえたら嬉しいです。観戦用のニコ生中継もがんばって整備してみました!

2.絶望タイマンバトル (←概要・ルールはクリック)

みんな大好きタイマンバトルをルール化してみたもの。純粋公平な力比べではなく、攻撃スキルさえあれば誰でも勝つ可能性がある仕掛けをしています。
フットサルよりもレクリエーション色が強いので、ギルド交流とかで使えるんじゃないかと思う。
こちらは、今週末に試してみる予定。タイマンバトルというのは何やら楽しげな響きがあるようで、そこそこ参加も望めそう。


MAPごとに1つずつ、完成度の高い遊びが考えられるといいな。
まあ、これで本鯖G戦枠が賑わうとまではいかないでしょうが、多少なりとも活用されればいいなあというところです。
 

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »