« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

低迷

今年もあと少しですね。ハヂメです。

Redstone_12120200

少し前ですが、コンペのメインクエをやってました。
性向100になるのは1月末か2月頭ってとこかな。それまでにはLvもそれなりな水準にはして、装備もちょこっと揃えて、G戦に出られるようにってのが今のところの目標です。
とはいえ、計画性なく転生したせいで、コンペとガンモのLv帯が被ってしまったのが困ったちゃん。ラットまではよかったですが、モリ6・時森秘密となるともうあかん!
結果、ガンモを先行させてから心置きなくコンペ集中という段取りにしました。年末年始で時森卒くらい。うまくいけば苦しいLv帯で3倍期間にありつけるかも!

G戦デビュー時の予定をざっと試算してみた感じでは、もろもろ込みでHP10万弱の移動速度600%ってあたりじゃないかと思います。あくまでサブキャラなので、それ以上欲張るつもりはなし。でも少しは個性出したいところ。
 
あまり期待されてないのか火力不足の心配もあるのか、天使でG戦出る的な話をするとGチャが静まり返るんですが、自分みたいにG戦の参加率高い人が天使やったほうがギルドとして安定するのは間違いない話だと思うんですよね。
ハヂメで全く出なくなるというわけではなくて、半々くらいにできたらいいかなぁ。しばらくほっといてましたが、ようやく重い腰上げて、力比指無しビルドで行き着くとこまで行っとこうって気になってきました。実際あとひと山だけで時間の問題。


気楽堂でのG戦はしばらく低迷。とか言われてましたが、特に大きな出来事があったわけじゃないです。たぶんこんな感じ。

  1. 気楽堂はあんまり強くなってないのに他のギルドが強くなった
  2. 負け方が悪かった
  3. 参加率がよかった(よすぎた)

低迷と言われている元は、ちくわさんが作っているアリーナランキングだと思うんですが、気楽堂も大いにG戦組む時の参考にしています。が、最近は戦力の変動があまりにも大きくて、蓋を開けてみないと実力がわかんない、ということがしばしば。格下だろうがランク外だろうがそんなのは関係なく、客観的事実として、対戦相手がその時気楽堂より強かった、ということじゃないかと。格下の名札付けた格上と対戦してただけ。もちろん逆なこともあります。キャラスロットが増えた結果ギルド掛け持ちする人が増えたのと、移動制限緩和が一要因。

2はちょっと微妙なので追記にて。
オブラートに書いてますが、そのアリーナランキングでは、絶対にランキングが落ちない方法があって、基本的に格上としか組まない、ってことです。格上に負けてもランキングが下がることはなく、もし勝ちを拾えれば儲けもの。これを貯金と考えれば、貯金を使って同格や格下とやっていけば一定ランクを維持し続けることができます。
因みにかなりの格上に勝っても、1つ格上に勝っても上がるのは1つだけ。最悪なのが同格対戦で、勝っても上がらず負けると下がります。下がる引力の方が強いので、結果1部は休止なども含めて数が少しずつ減っていて、今は以前の半分以下しかありません。たまに全体を繰り上げして調整すればいいんだけど、あーだこーだいう人がい過ぎて手がつけられないんでしょう。
寂さんがG戦組んでた時にこれを意識していたわけじゃないと思いますが、以前より格上対戦が減ったのは確かかも。

問題は3ですね。昔はG戦の低迷=ギルド内も過疎って参加率も落ちている、だったと思うんですが、今はそうじゃないんです。実際に連敗続きだった時期はここ最近で一番賑やかでした。
ギルドとしては明らかに衰退しているのにG戦では隙がなくなっていたり、G戦前後でしかGチャが光らないようなギルドが強豪の1つとして君臨していたり。本当は参加がいいというのは喜ばなきゃいけないんだけど、PT構成的には困ってしまう現状もあって、何だかなーと思ったりします。
数の暴力とか言われてしまうけど、人数が多いと有利に働くというのは至極まっとうで、あるべき姿な気がします。やはり、3PTを支えられる基盤が重要。


少しだけ、気楽堂vs暁の同鯖対戦。話が持ち上がってから日程調整に時間がかかったせいで、無用な憶測や歪が生まれてしまいました。
話的にはシンプルで、申し合わせの対戦だったのでGMのばすちゃんが参加できる日がいいだろうと、気楽堂的にはそれだけでした。そうなると平日の22時台早めか日曜日になってきて、暁は平日の23時を希望していたので全く噛み合わなかった。
多分お互いに交流兼ねたお祭りにしたい人と、ガチで雌雄決するんや!って人がいて、意識がまとまらなかったようにも思います。結果的に見ても、何のための申し合わせか全くわからなかったな。

 

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »