« あたふた | トップページ | 死活問題 »

ヒョイ

ハヂメです。

GBT期間、無事に終了しました。本当にお疲れ様でした!
昔はよくやってたんですが、こういったお祭りごとに運営側で参加するのはひさしぶりでした。

Redstone_1302240a_2

今回のGBTは、大きく、強豪ギルドと大人数ギルドの戦いの図式があったように思います。
アリーナで突出しているギルドのうち2ギルドが参加。他も各鯖代表格のギルドが並んで、取った施策も様々でした。

  1. あくまで純粋なギルドメンバーで臨んだギルド
  2. 数人~1PT程度の精鋭強化を行ったギルド
  3. 鯖内巻き込んだ大規模連合を組織したギルド

黄鯖・気楽堂はというと、最も極端に大規模連合を組織したと言っていいかと思います。
  
7-8PTだとか、100人はいたとか、憶測も飛び交っていますので事実を整理しておくと、第1回戦~決勝戦まで、最少で69人の9PT(橙鯖連合とのエキシビジョン戦)、最大で83人の10PT+α(決勝戦)でした。標準10PT。
オール黄鯖軍を目指そう!という方針は割と早くから出ていて、結果としてランカーギルド全てを巻き込んだ大連合まで持っていけたのは画期的だったんじゃないかと思うんです。

敬称略で、ざっと、

  • ホルンの日常+αで1PT
  • 暁・コットン連合から2PT
  • グロ会から1PT
  • 友ちゃん(神突)がおやつとサモンを上手に組み合わせてくれて1PT
  • ブリちゃん(ブリトー)率いる個々珍から1PT
  • あとは天上&リアワ&黄鯖が誇る知識陣と気楽堂を組み合わせて4PT

という構成でした。

声をかけた全てのギルドが何らか快く参加してくれたのが本当に嬉しかった。こうも長寿命のゲームだと過去の遺恨だとか何だで、必ずしも仲のよい人達ばかりではなく、なかなか1つになるのは難しいところがあります。お祭りごとになるとヒョイとそこを乗り越えられるのは黄鯖の強さかもしれないですね。
あえて言えば、ランカーギルドに所属していなかったり、気楽堂メンバーとの繋がりがやや薄めのツワモノの人達を巻き込めなかったのが唯一残念。参加者のつてで乗り込んできてくれた人達もいましたが、露店やブログでの募集は行わないセミクローズドな方法を取った以上、これが限界だったのかもと思います。

とはいえ、鯖内鯖外との外交はほぼ全てばすちゃん(birce)筆頭に愛想のいい人達でやってまして、自分は専ら裏方で、参加者やPT編成の取りまとめに奔走してました。
特に役割分担をしたわけではないですが、適材適所というか、自分はあまり表に出ずに官僚みたいな役回りの方が色々上手くいくというのが数年来の実感です。これが何か裏で暗躍しているようなイメージに繋がっている気もするけど…。それも当たらずとも遠からずなのかもですが。
何とか、満足度の足し算で最大値に近いPT構成をスピーディに組むというミッションは達成できた気がしていて、ほっとしてます。そんでもってくたびれたー。
PT調整では、かなり大勢の人の協力と我慢をもらいました。なのでこの場を借りてお礼だけお伝えしておきたいと思います。

  • 而今さんとりぽびたみんさん。決勝戦でとうとうWIZなしPTにさせちゃいました。快く引き受けてくれてありがとう。そしてまったりん。戦場カメラマンもしながら、WIZなしPTの引率役ありがとう。
  • 蒼さん。何度か慣れないPTにさせてしまって大変だったと思います。ありがとう。
  • かよわいさんが来てくれなかったら1回戦からWIZなしPTができるとこでした。本当に来てくれてありがとう。
  • しりるさん。困ったときのしりる頼みでした。色々協力ありがとう。
  • 各PTリーダーの皆さん。出欠確認と素早い伝達、かつ、見事なスピード編成!本当に助かりました。
  • るぅーちゃん。気楽堂スカイプからGチャへの伝令役お疲れ様!花投げるよりチャットのが大仕事だったんじゃないかとw
  • てけとだうげん。一番付き合いも長いので遠慮なく頼ってみました。これからもよろしくね。

個人的には、4戦+エキシビジョンの1戦の計5戦を全てコンペ(BIS天使)で参加しました。基本的に、気楽堂ベースで4PT構成しないといけないってのが大きかったですが、ハヂメで出たいんじゃないかとか気も遣わせてしまった様子。
そこまで切望してはないものの1戦くらいはと企んでましたが、どうせやきもきするだけなので全然よかったです。今思えば第1回戦がチャンスだったのかも。
かえって新米天使のPTになっちゃった人には色々不便かけたかもしれません。

鯖内だけでなく、決勝で対戦したStar_Seekerさんは、気楽堂が他鯖で一番仲のよいギルドで、期間中もちょこちょこお互いのGHを行き来していたようです。同じ大規模連合施策を取ったこともあって、同志感が生まれてた気がします。

Redstone_1302240b

蓋を開けたらってのは確かにあるんだけど、一番の関心事として、超強豪ギルドの最適化2PTに対して3倍~5倍の数で当たったらどういう結果になるか、というのは未体験ゾーンだし誰も判らなかったと思うんです。
下馬評でも超強豪ギルド勝利というのが大勢。自分も4PTくらいまでなら想像の追いつく範囲だったけど、それ以上はよく判らなかった。
ただ、ここまで理想的な連合が組めて、手も足も出ないとなったら、かなり絶望的な気もしていました。運営をいくら頑張ったところで、G戦では穴のない精鋭ギルドに勝てる望みはないということになっちゃうし。そういう意味では本当によかった。

間違っても、気楽堂本来の強さであるはずもなく、気楽堂はハコに過ぎなかったわけですが、結果を受けて、まだもうちょっと頑張れるかなぁ~というとこです。

|

« あたふた | トップページ | 死活問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あたふた | トップページ | 死活問題 »